石工事とは

建築工事に使用される石材は、世界各地の御影石や大理石が多く使われます。世界各地で採れた石を加工し取付けるのが石工事です。建築工事の中で、石工事はその材質から醸し出す存在感から、重要な役割を担います。天然材なので二つと同じ柄と色が無い事も人気がある理由と言えるでしょう。

石工事が必要とされる場所

建築工事における石工事は、様々な場所で必要とされます。石自体が持つ重厚感は、張るだけで高級感を醸し出し、建物の雰囲気に大きく影響を与えます。ゴージャスな雰囲気や控え目でありながら高級感を持たせる仕上げ材としては最適であると言えるでしょう。また、玄関アプローチや、内壁、キッチンカウンターや、高級ホテル等では浴室に使われる場合もあります。一般住宅ではエクステリア周りや石垣などもよく使われる場所と言えるでしょう。

外壁

建物のイメージを大きく左右する外壁には、重厚感のある雰囲気を醸し出す石材がよく使用されます。建物全体を石貼りで仕上げる場合もありますが低層階のみや、人目に付く正面の外壁のみに使用する場合も多く見られます。

一般住宅から店舗や総合施設まで、幅広く様々な建物の床に石材が使用されます。多くで使われているフローリング材との組合せにより、アクセントとして使用する場合もありデザイン性を高める要素としても重要な役割を持ちます。

玄関アプローチ

一般住宅から商業施設に至る幅広い建物の入り口、いわゆる玄関アプローチのイメージをに大きく関わるのが石材です。石が持つ重厚なイメージを最大限に利用出来る空間です。壁、床、天井、アクセントなど組合せによって無限のオリジナルイメージを作る事が可能です。

浴室

癒しとくつろぎを重視する空間浴室には、石を使う事で更なる癒し効果が期待出来ます。高級なホテルなどでよく使用されます。全体的に使うケースもありますが、部分的にアクセントとして使う事もあります。

キッチンカウンター、天板

キッチンカウンターに使用される事も多い石材は、様々な石の表情と重厚な触り心地を提供する上で重要な材料となります。一般住宅でも使用されますが、高級な飲食店や物販店などでも拘りのポイントとして使用される事があります。

外構、エクステリア

門の周囲や外部階段、エクステリア周りなどに石を使用する事で、建物本体との調和や、引き立たせる役割を担います。建物本体と同じ位に拘りを持ちやすい場所ですので、よく使われる場所の一つとなります。

石垣

建物のもう一つの顔とも言うべき石垣は、使用する石によって和風にも洋風にも変化させる事が可能です。建物のイメージを更に引き立たせたり、全体のデザインにとって重要な役割を担います。

看板、記念碑

看板に使用する事で、一味違う重厚感のある看板を作る事が出来ます。記念碑においては、耐久性も重要な要素となりますので、石材を使用する事が適している場所の一つと言えます。

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号072-240-3922
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。


ページトップに戻る