改築工事

改築工事とは床面積はそのままで間取りなどの変更を行う建築工事です。火災で滅失した建物や、家主の都合で取り壊された建物を、以前とあまり変わらない規模、構造で建て直す際などに行われます。改築工事の特徴や具体例などは以下の通りです。

改築工事と類似の建築工事との違い

改築工事は増築工事、改装工事、修繕工事などと混同されることがあります。それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

 特徴
改築工事・床面積を変えずに間取りの変更を行う。
・トイレやバスルームの位置を変えるといった工事がある。
・2つの部屋を合わせて1つの大きな部屋にすることもある。
増築工事・建物の床面積を増やすような工事。
・既存の建物を基礎部分から広げることもある。
・平屋を2階建てにすることもある。
改装工事・床面積も増やさず、間取りも変更せず、ただ内装や外装などを変える工事。
・ペンキ塗り替え、クロスの張替えなどがある。
・畳の部屋をフローリングにするのも改装工事のひとつ。
修繕工事・家の壊れた部分を直す工事のこと。
・雨漏り工事もここに含まれる。
・開閉しにくくなったドアの交換など、老朽化に伴う設備交換などがある。

改築工事の具体例

家のどこを変えるかによって、改築工事にはさまざまなパターンが考えられます。いくつかの具体例を紹介しましょう。

階段の移動

現在の階段を解体してそのまま他の場所に移動させるだけの改築工事ならば、部材費を節約できるので比較的安くすませることができます。およそ20~50万円ほどかかります。具体的な工程としては以下の通りです。

・階段解体
・階段再組み立て
・床と天井の補修
・天井の穴あけ
・電気配線工事

トイレの移動

トイレの位置を変える改築工事はおよそ2~5日が必要です。トイレの場所を変えるだけでも次のようなコストがかかりますが、もし、新しいトイレを設置するとなると機材費としてプラス5~30万円を見ておきましょう。

・トイレ、給排水管、排気用ダクトの設置と電気配線工事 約15~35万円
・キャビネットや棚の設置費用 約4~15万円
・トイレの壁や床の内装 約5~10万円

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0294-33-3178
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。


ページトップに戻る